人にはそれぞれ「価値」の見方が違う。


価値観といえばいいのだが、あえてここでは「価値」に焦点を当ててみることにする。


皆さんが好きとされている「お金」はどうだろう。
お金=価値としてはいないだろうか。


確かにお金は我々の生活に欠かせない便利な道具だが、お金そのものに価値はない。

pexels-photo-175039


例えば、砂漠の真ん中に取り残されたとする。わまりには誰もいない。そこに現金1億円と水があった場合どちらを選択するだろうか。


ここで考えたいのが「価値」という存在だ。もっと広義で捉えると自分にとって何が本当に必要なものなのかということ。


「価値」の存在の中には必ず『他人』が関係していると思う。逆を言えば他人を介さないものは自分にとって価値のあるものだ。


あまりアートについて詳しくないが、絵画が何百何億円と値がはるのは何故だろう。


その絵画を取り巻く「環境」が価値を作り出していると。つまりお金と同じように絵画そのものに価値はない。


ゴッホの「ひまわり」が美術館に飾られることなく、公衆トイレに展示されていたらどうだろう。恐らく我々の目にとどまることなくましてやそこに何億という値がはると考える人はいないのではないか。

fullsizeoutput_310
 

上記は極端な例だが、美術館に飾られる何億円ともなる絵画を見に来る人たちがいる。その周囲の環境こそがその絵画に価値を与えているのではないか。


何も絵画だけに限った事ではもちろんない。もっとわかりやすく、地球上に1人しかいなかったら洋服や時計など価値があるとされるブランド品を身に付けようと思うだろうか。


仕事についてはどうだろう。何気なくただ考えることもなく毎日通勤し、毎月決まった日に給料をもらえていれば満足かだろうか。


これについては仕事に対する「価値」と「価値観」が出てくる。他人というキーワードが解決する糸口となるかもしれない。


他人によって作り出された環境で我々は何気なく生活してしまっている。少し俯瞰的にみれば世界はもっと広く何より自分自身が楽しくなるのではないか。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

サトウハヤト

記事検索
  • ライブドアブログ