いつでも面白いものにとびつける様に。


やりたい事があるならやれば良い話だ。


問題はやりたい事をふわふわ探している‘’の奴と、やり始めたからにはそれ一本で続けないとと思い込んでる奴。


やりたい事が複数あっても良いのではないか。特に自分がふわふわしてるなら、手数を出さないと何が自分に当てはまるかなんてわからない。


一つ言えるのは

やりたい事は向こうから降ってこないということ。


つまり、手数を増やすしかないということ。


ふわふわ探している‘風’は実は真剣に探していない。いわゆる他人任せとも言うべきか待ち姿勢から脱却できずにいる。そしてこんなにももがいているのにと自己否定を繰り返し批評家になりつつある。


手数を出すにも少なからず「お金」が必要になる。好きなことを仕事レベルに持っていくまでにはやはりそれなりの時間とお金が必要だ。

business-money-pink-coins


今でこそ「お金=信用」が浸透し、個人レベルでの資金集めは容易になった。それでも1からの信用を稼いでいくとなると少し難しさもあるだろう。


手数を出すために融通のきくバイトするなり、生活費の削減なりできるとこは無数にある。これさえもできなければ好きなことで仕事などできるはずがない。「思考の停止」が気づかぬうちにその人の「仕事」になっているのだろう。


良い子はせっかくやりたいことが見つかって、少し頑張るとそれを手放せない現象が出てくる。もちろんそれが好きすぎて他が目に入らない状況であれば構わない。ただ、他にも興味あるものが出た時にそれに手を出せない。


同時進行でやることや捨てると言うのも立派な武器だ。



 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

サトウハヤト

記事検索
  • ライブドアブログ